冷暖房は、たった1台のエアコンだけ?驚愕のパッシブハウス省エネ性能

2019年9月24日

a268519b6fff9d6bb9cb5837e92470b6[1]

スルガ建設のパッシブハウスは、床下の断熱はもちろん、まるで魔法瓶のように家じゅうを分厚い断熱材で覆ってしまいます。 そのため夏冬外気温がどんな変化しても、住居内は一年中、温度差が、軽減できるのが特徴です。冷暖房設備はなんと「床下に設置するエアコン1台」である程度賄えてしまうのです。

たった一台のエアコンで家じゅうポカポカ

 

たった1台の床下エアコン

床下にエアコン?あまり聞きなれないかと思いますが、最近急速に普及してきているエアコンの設置方法の1つです。従来は、各部屋に1台が常識でしたが、パッシブハウスは、家じゅうすべてを断熱材で覆ってしまうため、このエアコンたった1台だけである程度室温差を軽減させることが可能です。

基礎断熱

※上記参考図 (エアコンオプション)

床下エアコンといって、エアコンを床下に設置をし、断熱材に包まれた床下に暖気を送り込むことにより、1階の各部屋に設置された床ガラリより暖気が上がり各部屋を温めます。

床下エアコン たった1台で、家じゅうの冷暖房をまかないます(120秒動画)

2階の各部屋の暖気に関しては、1階より上がってきた暖気を各部屋に設置された吸い込み口より暖気を引っ張り床下にもどし循環させる仕組みになっています。

W断熱+基礎断熱+樹脂サッシトリプルガラス+耐震(2×6)+ 制震ダンパー標準仕様 +オール電化仕様            

建築本体価格 19,958,000円(税別)

パース20190718

1階 平面図

1F 平面図

2階 平面図

2F 平面図

 

第一種熱交換型セントラル換気システムを採用

換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)。

夏の冷房、冬の暖房時の換気も熱交換する事で省エネ効果があります。

冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻す為、室内の乾燥防止にもなります。

エアコンの負担を軽減することでの省エネ効果もあります。

出ていく熱で入ってくる空気を暖める

 

 

第一種熱交換型セントラル換気システムのメリット

 

人にも家にも、より健康的な換気を。 床面に溜まりやすいホコリ・花粉・臭気。

これまでの壁や天井からの換気は、 人が呼吸をしている空間まで巻き上げていました。

吸気を床面に設置しているため、 巻き上げずに吸気することができます。

■ ダクトレスで給気された新鮮な空気が床下に充満

■ 床面に設置された給気口から室内に給気

■ 床面の排気口から排気し、床下を通り排気

1,2,3

全館空調

冬は床下エアコンから出た温風や南側開口部からの太陽の光で温まり、夏は2階ホール等に設置したエアコンを1~2台の稼働させ、冬と逆の循環をさせることで、涼しさを体感することができます。 エアコンから出た温風は、換気口から室内に送られ、室温も一定の基準で保たれるように設置をします。。パッシブハウスは、頭上に設置する従来のエアコンであった、頭ばかり暖かくなって足元は冷え冷えという問題を、たった1台の床下エアコンで解決しました。

 

パッシブハウスの外壁・床下断熱性能

エアコンが1台しかいらないのは、外壁、床下、窓など外気と接触している部分を徹底的に断熱しているからです。パッシブハウスは、分厚い外壁(この外壁も内断熱と外断熱を組み合わせたW断熱)で家中を覆い、トリプルガラスの窓も採用、さらに床下にも入念に厚い断熱材を敷き詰めます。

 

高性能樹脂枠サッシ トリプルガラス採用 (アルゴンガス)

 

ダブルLow-E

トリプルガラス

※ 防火指定のある地域については、アルミ樹脂複合サッシ乙種防火戸ペアガラスになります。

 

パッシブデザインでは究極のW断熱と基礎断熱を採用

 このパッシブデザインハウスの一番大きな特徴でもある断熱材ですが、熱抵抗値の高い断熱材を通常の住宅よりも厚くし施し、壁、屋根、基礎、床下。。。つまり家のどの面もすきまなく断熱材でくるんでしまうようなイメージで施工されます。特に外壁は、壁の外側と内側の双方を断熱材くるみダブル断熱とする念の入れようです。

外壁

W断熱

外壁のW断熱を加え更に基礎断熱を採用!基礎立ち上がり部分にEPS系断熱材をサンドイッチに囲み、更に耐圧盤の下にもEPS系断熱材で基礎の中も居室と同じ環境し、熱損失を軽減させます。

外断熱

※ 外断熱フェノル系断熱

内断熱

※ 内断熱現場吹付発泡ウレタンもしくは高性能グラスウール24㎏/㎡(ベーバーバリア採用)

 

基礎断熱 防蟻入りEPS断熱を外周立上W、耐圧盤施工

 

1

2

BLS

※参考性能計算結果

戸塚モデル邸

※参考性能計算結果

 

寒さ暑さはもとより日本は湿気の多い国なので、どうしても床下の冷気が足元に伝わってしまい、足裏が冷たいが故にエアコンの温度を必要以上に上げてしまうケースも見受けられました。パッシブハウスは外壁はもちろん床下の断熱もしっかりとおこなうことで、従来工法の住宅に比べ抜群の省エネ性能をたたき出しているのです。 床下の断熱材を非常に分厚くしこみますので、地面からの冷気はその断熱材でシャットアウト。足元まで冷気が伝わってくることは、ありません。1台のエアコンだけで、ある程度冷暖房を賄えますので、追加でホットカーペットや、意外と電気やガス代がかかる床暖房をつける必要はなくてよいとお考えてよいとおもいます。

ヒートショックを防ぎ、空気を清潔に保つ

暖かい部屋から寒い部屋へ行ったときに起こるヒートショックの死亡者数は交通事故の数倍といわれています。ヒートショックを未然に防ごうと、各部屋にエアコンなどの冷暖房を設置するのはよいのですが、廊下や脱衣所、浴室、トイレは後回しなり、部屋の出入り時にどうしても室温差がさらされてしまいます。これに対しパッシブハウスは、トイレ、浴室を含むすべての部屋、廊下で温度差が軽減されるので、このヒートショックの危険性を未然に防ぐことが可能です。

ただ、そんなに気密性が高いと換気が頻繁だったり、室内の空気が汚れてしまうのでは?と考えてしまいますが、こちらは同時に設置する24時間全熱交換換気システムで常にきれいな空気を循環。足元が冷えることにより、体調を崩しやすい、お子様やお年寄りにやさしい住環境をお届けいたします。

パッシブハウスで健康な生活を

人間は恒温動物なので、そもそも暑さと寒さという外気温の変化に弱い生き物です。極端な暑さ寒さの中にいると、体調を崩し場合によっては死に至ってしまいます。分厚い断熱材+床下エアコンなど「温度差を軽減させるための工夫」が、いたるところに施されているパッシブハウスは、「一年中、室温に差が少ない住環境」という理想的な住み心地をご提供いたします。

90秒でパッシブハウス動画
※ 省エネ性能については、敷地条件、建物配置によって異なります。

高耐震(2×6構造)

 スルガ建設の2×6工法は、2インチ(38㎜)×6インチ(140㎜)のスタッド(間柱)を外周部に採用しております。耐震構造と言われている2×4構造を更に約1.57倍の材を使用することで高耐震構造にしております。

更に制震ダンパー標準設置

繰り返しの揺れに最大限の効果を発揮 制震効果が60年持続でメンテナンスも不要です。

11

12

仕 様 書 (一流メーカー設備機器満載)

206w仕様書

 

その他にかかる付帯工事費用等

掲載価格については、消費税を含まない商品本体価格の価格であり、建築する際には、付帯工事や建築許可に関わる設計図書作成費等の別途費用が必要となります。

 

お問合せボタン