世界の快適を湘南の風にのせて

神奈川県 横浜/湘南/戸塚で注文住宅300件の信頼と実績

いま注目のサイディングの外壁とは?

IMG_6000

サイディングという言葉を聞いてすぐに答えられるという人は、業者の方かその道に精通している方であると思います。ではサイディングとはどういったものか?サイディングとは外壁に使用する外装材のことです。

今までの住宅の場合、塗り壁など外壁に塗料など「なにかしらを塗って仕上げる」というケースがほとんどでしたが、、今は「サイディングという外装材を壁に貼るという手法」がとられる事が多くなってきました。

左官屋さんが壁を塗る仕事でなく、サイディングボードと呼ばれる・・・言ってしまえば工場で量産された壁の型を外壁に張っていく方法をサイディングといいます。

サイディングは、セメントなどを主原料にしたものや断熱材やハードボードなどを、芯材に金属板で覆ったものなど様々な種類があります。サイディングは工事も簡単で価格も安く、耐水性、耐天候性にも優れ、種類も豊富ですので、今では多くの住宅メーカーも取り入れています。

 

サイディングのメリット・デメリットは?

では、サインディングのメリットとはどんなものでしょうか?まず特徴的なのはその見た目でしょう。板を横に張り合わせることによる陰影が壁に落ちるオシャレな外観は、輸入住宅のような西洋風のイメージで非常に特徴的な見え方の住宅になります。

好き嫌いもありますが、「せっかく注文住宅を建てるのだから人と違うものにしたい」という方には、お勧めできる外壁だと思います。

スルガ建設施工

siding_02

サイディングは、壁に落ちる陰影が特徴(イメージ写真)

外壁や屋根は家の顔とも言えるので、オシャレで特徴的なイメージなものにすれば、その家の価値を上げることにもつながります。家の価値を上げるということは、もちろん自分たちの満足度を上げるということにもつながりますね。

機能的な面としては、従来の塗り壁は、ひび割れなどの劣化がどうしても目立ちますが、サイディングは、ひび割れなどの劣化が起こりづらく劣化が目立ちません。

ハウスビルダー目線にはなりますが、サイディングは量産できるので、壁材自体の品質は均一なものになるので安心です。コストも計算しやすいので価格の変動が少なく、お客様に安心してお勧めできるというメリットもあります。

mp-41A149lr

 

断熱効果が高いラップサイディングの拡大写真

もっと詳しく見てみる ⇒

 

サイディングの素材と特徴

サイディングにも、いろいろな素材があります。代表的なものとしては、窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディングなどいろいろな素材があります。

この中で一番ポピュラーなのが、窯業系サイディングです。窯業系サイディングは硬質で密度が高いため耐震性や遮音性、防火性にすぐれています。デザインとしてもタイル調や石積み調など色々と風情あるものがありますので汎用性も高いです。

MX-3650FN_20170729_140647_0001

 

 

最近では雨水で汚れが落ちたり、汚れにくいコーティングをほどこした素材であったり、シーリングを目立たなくすることですっきりと仕上がり目地の汚れの心配がない商品など多数あります。金属系サイディングの場合断熱材を裏打ちしたものがよく見られます。軽量で建物に負担がかからず断熱材を充てんし、断熱効果も高くすることが特徴です。

金属系サイディングであっても無機質な感じではなく風情あるレンガ調や石積み調などのデザインもありバリエーションも豊富です。木質系サイディングは天然の木などに塗装を施すので環境に配慮したものとなります。樹脂系サイディングは軽量なので建物に負担がかからないのが特徴です。

MX-3650FN_20170729_140718_0001

お問合せボタン

 

 

サイディングの劣化とメンテナンス

どんなものでも年数が経てば劣化はしますし、傷も出てきます。サイディングも他の外壁などと同様メンテナンスは必要です。住宅にもっとも使用されているのは窯業系サイディングです。窯業系サイディングのメンテナンスのポイントは表面塗装とシーリングです。これらは一般的には5~7年で劣化が始まりますので定期的なメンテナンスが必要となってきます。最近では、「プラチナシール」「ドライジョイント工法」により、シーリング材のうち替え回数を削減し、メンテナンスの負担を大幅に減らす工法も開発されています。

スルガ建設施工

IMG_4296

IMG_1994

siding_01

サイディングの外壁は種類もカラーも豊富(イメージ写真)

002

IMGP1453

窯業系サイディングは蓄熱をしやすいという特徴もありますので、夏場の室温を低温に保つため、断熱塗料などでメンテナンスをしてあげる必要があります。この辺はハウスメーカーに外壁の事を相談するタイミングで断熱塗装が必要か否かのアドバイスをもらう事もよいと思います。

また余談ですが、サイディングの塗り替えとしてはシリコン塗料が主流です。シリコン塗料はサイディングとの相性が良い塗料ということもあります。また、窯業系サイディングの外壁塗り替えでは塗装前の処理として、コーキングの補修をする必要があります。

スルガ建設施工

 

siding_04

同じサイディングでも種類によりメンテナンス方法が異なる場合があるので注意(イメージ写真)

DSC_0333

専門用語になりますが新しいコーキングをすることを打ち変え、既存のコーキングの上に補修をすることを増し打ちと呼びます。いずれも専門的な話ですので、ハウスメーカーの営業マンに納得のいくまで説明をしてもらうとよいと思います。

 

外壁リフォームのご近所配慮も以外に大切

外壁の工事は、新築にしろリフォームにしろ、天候などに左右されやすいため工期が長くなるケースもあるので、ご近所回りへのあいさつ参りは、おこなったほうがいいかもしれません。外壁を塗るということになると、足場を組む必要もあるため、ご近所目線でみると結構おおがかりな工事に見えていることも多いです。

  スルガ建設施工

IMG_6577

DSC01383

DSC_9038

IMG_1591

IMG_5160

 

IMG_5665

住宅を購入する際は、こういった完成後、数年した後に発生するメンテナンスの費用なども参考にしたうえで予算の設計をすることをおすすめします。住宅ローンの中に、リフォーム費用は入っていないので、それらの資金繰りをする必要もあるからです。

サイディング についての疑問やご相談、お見積など、なんでもお気軽にご相談ください。

スルガ建設代表 折戸
スルガ建設の得意とする外壁「サイディング」にご興味いただきありがとうございます。

スルガ建設のサイディングは、豊富な実績とそのノウハウでお客様のご満足度をアップしていただくことはもちろん、地震に強い超耐震構造2×4(ツーバイフォー)、2×6(ツーバイシックス)工法も採用。外壁だけでなく、お手伝いさせていただく住宅すべてに万全の安心と安全をご提供いたします。

ぜひ一度、横浜戸塚の弊社ショールーム、モデルハウスに遊びにきてみてください。

お問合せバナー大

 

お気軽にお問い合わせください。
〒244-0002
神奈川県横浜市戸塚区矢部町35番地
0120-955-597