デザイナーズ住宅ってどんな家?

2015年2月20日

デザイナーズ住宅

デザイナーズ住宅とは、有名な建築家や建築事務所が設計したモダンでデザイン性の高い住宅といったイメージがあるかと思います。また、中にはデザイン性にばかりこだわって雨漏れしたり冬に寒かったりするということを聞いたことがある方もいるかもしれません。他に都心部の狭小地に建てられた住宅というイメージを持っている方もいるかもしれませんね。

人それぞれでいろいろなイメージのあるデザイナーズ住宅ですが、実はデザイナーズ住宅という言葉には明確な定義はありません。ハウスメーカーや工務店の中には、デザイナーズ住宅というおしゃれな響きを使用して、外壁やクロス、住宅設備をすこしおしゃれに造ったモデルハウスや建売住宅をデザイナーズ住宅といって売り出すこともあるようです。

定義のないデザイナーズ住宅という言葉ですが、一般的には都心部の、少し変な形だったり狭小地だったりする土地に、建築士や建築家に設計を依頼してつくるような住宅のことを指すことが多いようです。狭小地や変形地に建てる住宅は普通の住宅に比べて設計が難しく、一般の建築士より匠と呼ばれるような建築士が設計することが多くなります。

デザイナーズ住宅が都心部に多いのはそういった建築士や建築家が都心部に多くいることと狭小地や変形地でも住宅を建てる需要があるということがあるでしょう。デザイナーズ住宅では建築家に設計を依頼することで施主のライフスタイルや価値観に合わせた家づくりが可能になります。しかし、建築家に支払う設計料など価格面で高くなってしまう傾向にあります。また中にはデザイン性を重視しすぎて施工に問題のある住宅もあるようです。

 

ライフスタイルや価値観に合わせた家づくり

デザイナーズ住宅の特徴は、建築士や建築家と密に打ち合わせをしながら設計をしていくことにあります。ハウスメーカーの企画住宅などでは、すでに設計された住宅に自分のライフスタイルを反映させていく必要がありますが、デザイナーズ住宅では自分のライフスタイルに合わせた住宅をつくることができます。

良いデザイナーズ住宅とは施主のライフスタイルを住宅に反映させながら、機能性やデザイン性を損なわない住宅だと言えるでしょう。ご主人の趣味のサイクリング道具を置くスペースを確保しながら、奥様の趣味の生け花を皆で楽しめる間取りでありながら、動線を損なわない住宅といった感じでしょうか。

更に狭小地の場合は間口の幅やご近所さんとの関係性なども考慮しなければなりませんからそれを実現できる間取りと素材選びも大事になります。

スルガ建設施工

IMG_2124

 

デザイナーズ住宅の建築費用

デザイナーズ住宅では、建築家に設計料やデザイン料を支払うため建築費用は高くなる傾向にあります。また、施主のライフスタイルや価値観を実現するのがデザイナーズ住宅の醍醐味と言えます。その実現のために必要な素材を使って建築するため、その素材のもともとの価格が高いことはもとより、まとめて素材を発注できるハウスメーカーの企画住宅と比べて単品発注ではさらに高くなります。完成して住んだ後の修理費やリフォーム代も高くなるので気をつけましょう。

もう一つ、気を付けなければならないのが、住宅を資産価値として考えた場合のことです。これだけこだわった住宅だから、さぞ高くなるだろうなどと考えては痛い目を見ます。実は、施主のライフスタイルや価値観にあった住宅というのは、施主にとっては思い入れのある使いやすい住宅なのですが、その住宅を誰かに売ったり貸したりする場合には値段がつきにくい傾向にあります。多くの人に使いやすいように設計されたハウスメーカーの企画住宅のような住宅に一番値段がつきやすいのです。

スルガ建設施工

P6210016-560x420

 

デザイナーズ住宅の実用性

雨漏れの修理をする業者などによるとデザイナーズ住宅と呼ばれるような住宅からの修理の依頼が多い傾向にあるそうです。また、冬場に外観や内装にこだわったデザイナーズ住宅の内見に行った時など中が寒くて震え上がったという声を聞いたこともあります。外見や内装にこだわりすぎて、無理な施工や断熱性に配慮しなかった結果なのでしょうか。

建築家との設計では建築費用が高くなりすぎるのでそういった実用性を犠牲にして価格を抑えたということも考えられなくはありません。当然、すべてのデザイナーズ住宅のことを指しているわけではないですが、デザイン性も実用性も両方高い住宅をつくったほうが後々後悔しないで済みそうです。

スルガ建設施工

1

 

まとめ:デザイナーズ住宅とは

デザイナーズ住宅に対して少し批判的な意見を多く取り上げましたが、それだけ良いデザイナーズ住宅をつくるのは難しいということなのかと思います。一方で建築家と密に打ち合わせをしてつくる思い入れのあるデザイナーズ住宅ですから、今回取り上げたようなことに気を付けて取り組めば、他にはない自分達だけの、素晴らしい住宅ができるはずです。会社や学校から帰るのが待ち遠しいような、家で家族と過ごす時間が楽しいようなデザイナーズ住宅をつくるためには建築家を信頼し、建築家と一緒になって設計に取り組む姿勢が大事になるのではないでしょうか。

スルガ建設では、デザイナーズ住宅も完全自由設計で家づくりを行うことができます。デザイン性の高いこだわりのマイホームを持ちたい!というお客様の希望も叶えます。お気軽にご相談ください。

スルガ建設施工

d1f5559bb07c121cf7a1edf77b3b1547-560x420

 

お問合せボタン