神奈川県 横浜/湘南/戸塚で注文住宅300件の信頼と実績

お客様専用フリーダイヤル:0120-955-597

住まいの原風景

制震ダンパー採用パッシブデザインハウス(藤沢市)

  •  

2018年4月21日

鎮物 (1)

敷地面積150㎡強、延床面積105㎡強(施工面積125㎡強)、小屋裏付き2階建て新築工事です。こちらのご家族構成は4人になります。建物の特徴は弊社標準仕様の制震ダンパー採用住宅で地震の強い家づくりをベースに住む人が健康で建物の耐用年数も高くオール高次元省エネ効果の環境問題に配慮した理想のトレンドパッシブデザインハウスです。
パッシブデザインハウスのコンセプトそのままをプランニングしました。

 ①超耐震構造グローバル2×6工法

強風で少し難儀しましたでしょうか、おごそかに地鎮祭が行われまして本日は大変おめでとうございました。これからの新築工事を宜しくお願い致します。
2×6工法は2×4以上の耐震構造を持ちながら断熱材の厚みも増すことで超高気密・超高断熱を牽引するベースを担います。屋内での健康被害(ヒートショック等)の死亡率は交通事故の3倍以上という統計があり 新築時の高性能との関係性はご家族の健康被害を改善するのに有効というデータ結果も出ています。とりわけ身近かな高齢化社会にとって高性能健康住宅づくりは重要です。

DSCN9130

DSCN9133

DSCN9142

 DSCN9152

 

DSCN9149

DSCN9164

 

②超高気密・高断熱健康注文住宅

広い開発分譲地の一画にありますS氏様邸現場は仮設工事が終了した進捗状況です。広々して本当に気持ちが良い環境の新築工事現場です。
さてS氏様邸のパッシブデザインハウスの特徴は高性能健康住宅づくりです。こちらの現場は「基礎部位断熱」に加えて「ダブル断熱」を施し、サッシについては「高性能樹脂トリプルガラス」を取付ける超高気密・高断熱仕様で住む人と建物の健康度を上げる手法になるようで確たるデータも存在します。
健康の重要性は高齢化社会にとって医 療費の個人負担・国の財政負担まで影響が及ぶといわれています。

DSCN8302

DSCN8320

DSCN8322

DSCN8329

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_5764

IMG_5765

IMG_5766

 

③2×6耐震工法+制震ダンパー装置採用パッシブデザインハウス

地盤改良工事後の現場は遣り方・と根切り工事に入りまして着工しました。開発地ということもあり活気が出てきましたね。
さて、木造建築のなかでも震災に強い2×42×6工法は4階以上の高層住宅建築を可能にしていますがそれに加えてこちらの注文住宅は断続的地震や余震にも備えられる「制震ダンパー装置」採用のパッシブデザインハウスを建築します。今のところ震災に備えた安心安全な最強の家造りです。

最勝寺様邸 (5)

最勝寺様邸 (8)

最勝寺様邸 (9)

最勝寺様邸 (10)

④温度ストレスフリーのパッシブデザインハウス

現場は基礎工事工程の根切り工事が完了しました。鎮め物も置かせて頂きまして次工程が進んでいます。
近年の空気環境は大気汚染による健康被害や閉め切った部屋の二酸化炭素の濃度も濃いといいます。そこでこちらの建物に搭載する「24時間全熱交換型換気システム」は給気と排気を機械で制御、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)します。室内の温度ストレスを換気システムが解消してくれます。

 最勝寺様邸 根切り完 (2)

最勝寺様邸 根切り完 (4)

最勝寺様邸 根切り完 (5)

最勝寺様邸 根切り完 (7)

鎮物 (1)

鎮物 (2)

^TOP PAGE