進化する賃貸住宅経営

安心・安全な賃貸住宅環境

現在の経済的負担能力で収益をあげるのは土地活用のひとつに賃貸住宅があります。
通常の賃貸住宅、共同住宅、付加価値を付けた高賃料化システム住宅や、規模にもよりますが高齢者施設あるいは高齢者向け賃貸住宅など時代のニーズも応用した計画が出来ます。

ひとくちに賃貸住宅計画と云いましても一戸建て住宅がますます進化したデザイン性、性能性、機能性を備えた標準仕様で、更に低炭素エコ住宅の要素を旨として建築されています昨今、その潮流は賃貸住宅も例外ではなく、あらゆる建築物に波及してより良い安心・安全・長寿命の住まいが増えています。 

それに加えて地震大国の日本の建築物こそ構造体そのものが耐震性に優れたものでなくてはなりません。高齢者の方や障害のある方も生活しやすい場を確保できるのが当たり前な住まい環境が望ましいところです。

付加価値あるエコロジー賃貸住宅

木造建築は鉄筋コンクリート建築の減価償却年数50年と比較しても約半分以下と短く資金回収が早いことが市場人気の償却資産になっています。

集合住宅、介護施設などでは2×4工法で建てる大型木造建築が見直されている昨今です。
2×4工法木造住宅は現在のところ4階建てまで建てられる構造体で、構造体そのものに耐震性のある長寿命建築物です。
木造建築が見直されている最大のメリットはRC造りに比べてコストが3~4割り低減されRC造りより資材単価と人件費が低く、人件費工期も短いのでイニシャルコストが低く、気密、断熱効果はランニングコストも低減でき、資金計画も立てやすいということになるのでしょう。

土地の賃貸借に見合う収支採算を考慮した住宅建設工事費も重要なポイントになります。

煉瓦貼り意匠やオール電化含むエコロジ―仕様などを現代のニーズにマッチさせて厳選された仕様資材を利用して建築物に付加価値を付けてもいいでしょう。
賃貸建築ならではの建ててから限りなくメンテナンスフリー住宅を提案します。

↑Page Top