神奈川県・横浜市周辺での老人ホーム・高齢者施設での土地活用ならスルガ建設へお任せください。

世界の快適を湘南の風にのせて スルガ建設

最大1戸あたり100万円の助成金の仕組み

トップページ > 最大1戸あたり100万円の助成金の仕組み
サービス付き高齢者向け住宅なら、補助金が受けられます。

政府は、今後10年間で60万戸の高齢者向け住宅の整備を計画しており、補助金の交付も決定しました。高齢者住宅等で土地活用をしたいオーナー様にとっても、非常にうれしい制度になっています。
また、運営される介護事業者様、医療法人様にとっても、事業拡大・複合化の大きなチャンスになります。

建築費の10%の補助金を受けることができます。これで土地のオーナー様の利回りが上がります!!
サービス付き高齢者住宅。新築の場合、建築工事費の10%以内を助成(上限として1戸あたり100万円)。デイサービスや診療所など住宅以外の高齢者生活支援施設の合築・併設にも助成金が出ます(上限として1施設当たり1,000万円)。所得税や固定資産税、不動産所得税など、税制面でも様々な優遇措置があります
要件
高齢者住まい法の改正により創設された「サービス付き高齢者向け住宅」として登録されることが補助金交付の条件
サービス付き高齢者向け住宅として登録するもの
高齢者居住安定確保計画との整合等を地方公共団体が確認したもの
入居者の家賃の額が、近傍同種の住宅の家賃の額と均衡を失しないように定められるもの
入に居者からの家賃等の徴収方法が、前払いよるものに限定されていないもの。