神奈川県・横浜市周辺での老人ホーム・高齢者施設での土地活用ならスルガ建設へお任せください。

世界の快適を湘南の風にのせて スルガ建設

土地活用事例

トップページ > 土地活用事例

収支の実例(概算・首都圏市部)

1,000m2未満の土地でも高利回りの土地活用が可能です!!

S市「和楽久」概要

延床面積 999.4m2
専用面積 758.8m2
レンタブル比 76%
居室面積・居室数 25m2・22室
デイサービス 199.3m2(60坪)
総工費 1億8,000万円(3.3m2当たり 60万円)
諸費用 3,000万円
周辺1K相場家賃 6.0万円+管理費 5,000円

収入試算

入居者様家賃 7.0万円×22室×12ヶ月=1,848万円
デイサービス家賃 6.0千円(3.3m2 あたり)×60坪×12ヶ月=432万円
合計2,280万円
総投資金額 2億1,000万円に対しての利回り10.85%
ここがポイント
2億1,000万円の総投資金額を仮に全額借り入れした場合、35年の固定金利、2.7%とすると、毎月の返済は77万3,000円です。
デイサービス家賃は100%収入がありますので、あと、77万3,000円一36万円=41万3,000円返済すればいいのです。
41万3,000円÷7万円(一室の家賃)=5.9室
住居部分22室中6室、つまり入居率27%で、返済金がまかなえるのです!別の考え方をしてみましょう。仮に住宅部分の家賃を半額にします。周辺の1Kの家賃相場から、これならばすぐ満室になります。
3万5,000円×22室+36万円=113万円
万一のときのこれでも、毎月の手残りが35万円以上あります。他の提案と比べていかがですか?また、22室中、21室が平均的に入居した場合の、毎月の手残りは、
36万円+7万円×21室−77万3,000円=105万7,000円
いかがですか?将来まで、安心して家族を養える金額です。
※広告宣伝費、固定資産税、火災保険料、所得税は別途必要です。
ここがポイント