スルガ建設インフォメーション

省令準耐火構造の2×4工法注文住宅

  •  

2014年12月26日

当社の創立よりに輸入住宅一本で注文住宅を継続してきた経緯がありまして
木造2×4工法注文住宅にはひとかたならぬ想い入れがあります。

地球環境問題が強くなる以前からデザイン性に加えて
特に防火性・耐火性能の高さは火災保険料や地震保険料にも表れ
一般木造住宅の約半額程度に割安になる「省令準耐火構造」です。
新築時に銀行ローンを組む段階でこの構造区分(T構造・イ構造)を
一般木造との違いを把握していない損保会社代理店さんなどに当たってしまうと
高い保険料を勧められ何十年も最後まで気付かないまま支払いするケースが
とても多いのです。
2×4工法で新築されたお客様はもう一度お手元の加入保険を見直されては
どうでしょう。

 2×4工法は心身に健全な働きがあるなど木造のしなやかさを持ちながら
構造的には省令準耐火構造の堅固な特徴があることが評価され
建物の階数・規模・用途的にまだまだ伸びしろがあるようで
社会貢献するべく世界的な研究開発が様々に行われています。

MX-3610FN_20141226_124312_001 (430x640)

MX-3610FN_20141226_122507_002 - コピー (449x640)

MX-3610FN_20141226_122507_003 (459x640)

MX-3610FN_20141226_122549_004 (640x426)

^TOP PAGE