港町・ポルト旧市街歴史地区

2018年1月27日

IMG_0628

リスボンに次ぐポルトガル第二の都市「ポルト旧市街歴史地区」は世界遺産に登録されています。歴史地区建築群はエンリケ航海王子の大航海がもたらした富の証し(あかし)といわれ オレンジ色の屋根がシンボルのポルトガルの代表的風景がここにはあります。ポートワインの積出港でありローマ時代には貿易で栄えてまさにポルトガル国名の由来にもなりました。港の近くには有名なワイナリーがありその中でもコインブラ大学の制服黒マントがトレードマークの「サンディマン」を見学した。マントを羽織った女性がワイン醸造までのガイドをしてくれて試飲もできる。

IMG_0620 IMG_0624 IMG_0627 IMG_0628 IMG_0635IMG_0681

IMG_0639

IMG_0643 IMG_0646 IMG_0648 IMG_0651 IMG_0652 IMG_0654 IMG_0656

お問合せボタン