世界の快適を湘南の風にのせて

神奈川県 横浜/湘南/戸塚で注文住宅300件の信頼と実績

2022年,優遇されたいた生産緑地の行く先は?

2017年11月19日

hdghgdfg

おはようございます。スルガ建設の折戸でございます。あと5年で市街地にある生産緑地の更新時期を迎えます。生産緑地とは・・1992年に導入された3大大都市圏特定市の市街地にある面積500㎡以上の農地のことで、指定される固定資産税の軽減や相続税の猶予が受けられる優遇措置です。2022年が更新の年になります。横浜市については、3大都市圏の面積大きさランキングでは2番目になるそうです。更新時の選択肢としては、生産緑地の継続・土地の売却・宅地化の3通りに大きく分かれます。時代の背景からしますと、生産緑地の多くは農産物だけで生計を保たれているとは思えない現実があります。この優遇措置は、今までの30年間で市街地にあるの農地の活用方法を検討してくださいという行政の計らいだと思われます。現在、生産緑地をお持ちの地主様は今から検討準備が必要だと思います。(グローバル・マネー・コンシェルジェ資料参考)

お問合せバナー大

 

お気軽にお問い合わせください。
〒244-0002
神奈川県横浜市戸塚区矢部町35番地
0120-955-597