モスタルの歴史景観

2017年9月19日

DSC04679

1992年に独立したばかりのボスニア・ヘルツェゴヴィナ地方の首都、モスタル。モスタルの象徴は1556年に建造されたネレトヴァ川にかかる古い石橋で地区の世界遺産登録になりました。橋台を用いず両岸からアーチ状にかかっているだけの高い構造建築技術が東岸の博物館で解説もされています。20世紀末まで続いた戦争の爪痕は墓地や廃虚が銃弾痕などあちこちに見られますが 目的のモスタル地区に進むにつれて観光地に似つかわしくとても明るい雰囲気になってきます。往時のまま丸石仕様の石畳み道路や戸建て建築意匠、古くて威厳ある街並みが川の流れを挟んだ大自然と共に芸術作品のようで感動があり しばし時を忘れてしまう歴史景観です。

DSC01461

DSC01462

DSC01463

DSC01465

DSC01474

DSC01466

DSC04678

DSC04679

DSC04681

DSC04682

DSC04683

DSC04692

DSC04694

DSC04698

 

お問合せボタン