ワルシャワの文化人と生家

2017年8月25日

F0000828

ワルシャワは若き日のキュリー夫人やショパンが暮らした街です。それぞれの生家があります。特に公園などはショパンづくしで立派な彫刻が造られ生家においては見学が出来ます。シンプルで白い邸宅ながら屋内は広くて伸びやかな印象で楽譜の筆跡もワイド版で観られます。39才でパリで亡くなったショパンの遺体はフランスに心臓は祖国ポーランドワルシャワの聖十字架協会の柱のなかに埋葬されています。

画像 147

画像 149

F0000431

F0000432

画像 176

画像 166

画像 156

画像 133

画像 169

画像 171

DSC08319

DSC08310

画像 159

画像 160

 

 

 

お問合せボタン