世界の快適を湘南の風にのせて

神奈川県 横浜/湘南/戸塚で注文住宅300件の信頼と実績

パッシブハウスの快適が交通事故死より多いヒートショックを防止する

2016年6月20日

ph_img04

ヒートショックとは暖房の効いた暖かい寝室から、寒い廊下に出たときや、浴室と廊下など非常に温度差が激しいところ行き来するとヒートショック(血管の急激な収縮)を起こしてしまい、場合によっては心配停止を起こしてしまう状況をいいます。

実は交通事故の死亡者数より多く、非常に身近なところで起こりうる事象といえるのです。このヒートショックを防ぐために最も有効なのは家全体を暖め、部屋と部屋、部屋と廊下などの室温差を極力なくすことがポイントです。

外が暑くても寒くても、空調無しで室温は一定をキープ(12o秒動画)

 

室温差をなくすって?冷暖房費は大丈夫?

一般の住宅で、家の中全体、部屋中を冷暖房してしまうと、莫大な冷暖房費がかかってしまい現実的ではありません。しかしパッシブハウスは、分厚い断熱材で家じゅうを包み込み、まるで大きな魔法瓶であるかのような保温性、遮熱性を実現、なんと床下に設置した、たった1台だけの冷暖房エアコンで、すべての部屋を一定の室温に保つことが可能です。

床下エアコン たった1台で、家じゅうの冷暖房をまかないます(120秒動画)

 

このようにパッシブハウスの構造は外気温にかかわらず、室温の大きな変化が起こりえない構造になっています。ヒートショックを未然に防止するためには、これほどすぐれた住宅思想はないと自負しています。お年寄りやお子様がいる家では特に有効といえます。

お問合せボタン

 

ヒートショックのないパッシブハウスで快適な生活を

パッシブハウスがヒートショックを防ぐのに優れているのは間違いありません。ただ「エアコン1台といってもエアコンをつけっぱなしにするの?」といわれる方も多いと思いますが、パッシブハウスの場合一般的な家屋の光熱費に比較し非常に安価なコストに収まるケースが多い結果が出ています。

 

弊社にお越しいただければ、実際にパッシブハウスの性能をしっかりとご説明させていただきます。その効率を重視した次世代性能をきっとお分かりいただけると思います。スルガ建設は、ヒートショックのないパッシブハウスで安全で快適な住空間をご提供いたします。

 

外は-14℃でも室内は暖房なしで19.8℃をキープ(90秒動画)
※上記は参考動画となります。弊社商品を保証するものではありません。

 

90秒でわかるパッシブハウス動画

スルガ建設代表 折戸
スルガ建設の得意とするパッシブハウスにご興味いただきありがとうございます。

パッシブハウスは、外気温に影響されないよう断熱材で、壁から床、天井にいたるまで、まるで魔法瓶のように家じゅうを包み込みます。

つまり、部屋と廊下やトイレと大きな室温差が発生してしまう普通の住宅に比べ、すべての部屋の室温度差が少ないといういことなのです。

ご高齢者のヒートショックの危険性を限りなく低く抑えたいという願いからも、このパッシブハウスをぜひおすすめいたします。

ぜひ一度パッシブハウスを見学に、横浜戸塚の弊社ショールーム、モデルハウスに遊びにきてみてください。

お問合せバナー大

 

お気軽にお問い合わせください。
〒244-0002
神奈川県横浜市戸塚区矢部町35番地
0120-955-597