世界の快適を湘南の風にのせて

神奈川県 横浜/湘南/戸塚で注文住宅300件の信頼と実績

耐震住宅は今後増えていくの?

MIRAIE-14_0226

 まだ記憶に新しい2011年に発生した東日本大震災。地震や津波の被害で倒壊した建物などの映像に衝撃を覚えた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。地震大国日本に住んでいる以上、いつどこでその被害に直面してもおかしくありません。

「大きな地震災害で亡くなられる方のほとんどは家屋や家具の倒壊による圧死である」という推計データがあります。近年は住宅の購入時に「地震に強い家」を希望される方が確実に増えいて、それに伴い大手ハウスメーカー各社も独自の技術や構造で「地震に強い家」の提供に力を入れ始めています。。これから注文住宅のご購入をお考えの方は、ぜひ耐震住宅のご検討をお勧めいたします。

miraie_07

  地震に強い家には3種類ある?

一言に「地震に強い家」といっても様々な種類がある事をご存知でしょうか?

大きく分けると三種類あり、一つ目は「耐震住宅」。これは揺れに耐えれるように建物の壁を厚くしたり、柱を補強したりして地震の揺れに強い構造をした建築物です。

二つ目は「免震住宅」。これは揺れに耐えるというよりは特殊な構造を用いて、地震による揺れを軽減することができる建築物です。

最後に「制震住宅」。これは地震の揺れを吸収し、建物に揺れのエネルギーを伝えないような構造をしている建築物です。

現在は建築基準法で、一定の基準以上の耐震構造の建物を建築することが、建築基準法で義務付けられているので、より地震に強くより安全な住宅を希望される方は揺れを軽減、若しくはカットしてくれる「免震住宅」「制震住宅」を検討される方が増えています。

やはりその背景には過去の大きなな地震災害の影響が大きでしょう。地震対策の一つとして地震保険への加入もありますが、保険金が発生する条件が厳しいもの(半壊では発生しないなど)も多くあり、それならそもそも壊れない住宅を建てようという考えを持つ方が増えているのが今の現状です。

揺れを面全体で受け止める耐震構造ツーバイフォー工法

ツーバイフォー住宅と在来鉄骨軸組工法による住宅に、それぞれの建物の重さに比例した力を加えて、その伝わり方を比較したものです。色が黄・赤に近いほど負荷が大きいことを示します。

IMG_9010

 免震・制震住宅とは

最近CMなどでもよく耳にする「免震・制震住宅」「地震に強い家」。何となく地震に強い家なんだろうなぐらいの認識しかお持ちでない方も少なくありません。

では具体的にどのような効果が期待できるのかを説明したいと思います。まず日本国内の大手ハウスメーカーや建築会社で建築された建築物は大きな地震が発生した場合、よっぽどのことがない限り、全壊することはほとんどありません。

それは関東大震災や阪神・淡路大震災などの大地震の経験を活かし、その対策として建築基準法が見直され、一定以上の基準を満たした地震に強い建物(耐震住宅)を作ることを国が義務付けているからです。それなら免震・制震住宅なんて必要ないじゃないか。残念ながらそうではありません。

建築基準法で義務付けているのは建物の全壊や半壊等を防ぐ最低基準の対策(耐震用の壁や梁などの構造を基準化)であり、特段、地震対策に特化しているわけではないからです。そもそも「耐震」と「免震・制震」では読んで字のごとく、効果が違います。

耐震住宅は純粋に揺れに耐えれるような構造をしているのに対し、免震・制震住宅は地震の揺れを吸収し、和らげてくれたりカットするという構造をしています。地震による被害は建物そのものや外観だけでなく、建物内に設置している家具などの設備にも被害が及びます。

お問合せボタン

 

いくら建物が無事でも、倒れてきた家具の下敷きになったり、割れたガラスなどで大怪我をしてしまえば、意味がありません。免震・制震住宅は通常の住宅よりもさらに地震に強い構造をしているので建物の倒壊を防ぐだけでなく、揺れそのものを軽減してくれるので通常の住宅よりもより安全な構造になっていると言えます。

スルガ建設が採用している制震システム

2016年熊本地震、震度7の巨大地震2回と1700回を超える余震にも耐えた実績!  ミライエ1ミライエ2ミライエ3

 備えあれば憂いなし

地震や災害はいつ起こるかわかりません。しかし、そのいつかに備えるのはとても重要なことです。当然、免震・制震構造の注文住宅を購入した方が、通常の住宅を購入するよりも費用はかかる事は事実。また特殊な技術や構造を用いるので、少しばかり建築物の制限も生まれる可能性もあります。

しかし、せっかく建てたマイホームが地震によってあっさり倒壊してしまったらどうしますか。また、倒壊してしまった建物を再度、建てなおすことは可能かもしれませんが、人間の場合はそうはいきません。小さなケガであれば良いですが、命に関わるようなことが災害時には起こり得ます。

あなたの大切な家族や住宅を守ってくれるのが、免震・耐震住宅です。より安全で快適な生活を送る空間づくりはいつ起こるかわからないものに備えるところから始まっているといっても過言ではありません。

 地震に強いダブルスタッド工法採用

当社がお薦めする「国産スタイルツーバイフォーの家」は、平成26年度の国土交通省施策 地域型住宅ブランド化事業として採択されました。ツーバイフォー住宅の多くは通常、輸入木材を使用しており、高級建材である国産杉を使用するのは珍しいのですが、当社のツーバイフォーは長期に渡って優良な住宅を目指すべく土台・スタッドなど主要構造部に国産杉材(スタッド)・土台(国産桧)の使用を標準仕様としています。                                             興産材

地震に強い2×4

 また、ダブルスタッド工法を採用することにより、シングルスタッドと異なり両面のボードを支えるスタッドが各々独立しているため、音の架け橋が除去されて高い遮音性能が得られます。輸入材に比べ、その土地の気候・風土に適応して育った国産木材は耐久性が高く、住宅の蟻害・腐朽への耐性が向上しています。

ダブルスタッド

COC認証は、認証された森林から伐りだされた製品と、認証されてない森林からの製品が、流通過程のいかなる時点でも混ざり合っていないことを管理・保証するものです。当社はCOC認証を取得した国産杉を採用。長寿命の家を造る最低条件として「日本の気候風土で育った材木を使って家を建てること」をお勧めいたします。

もし予算に少しでも余裕があるのであれば、注文住宅のプロである当社に、まずはお気軽にお問合せください。ずっと思っていた不安な事や疑問がお電話一本ですぐ解消できると思います。まずは気軽にお電話ください。

お問合せバナー大

 

お気軽にお問い合わせください。
〒244-0002
神奈川県横浜市戸塚区矢部町35番地
0120-955-597