煉瓦の家カラーバリエーション

横浜エリアの注文住宅や土地活用は仲介手数料無料のスルガ建設へ

スルガ建設

HOME > 【安心】事例&声 > 煉瓦の家 > 煉瓦の家カラーバリエーション

煉瓦の家

  1. コンセプト
  2. スルガ建設の住宅性能
  3. スルガ建設の耐震性能
  4. スルガ建設の原価公開見積と保証
  5. スルガ建設の施工体制
  6. 施工例・オリジナル住宅
  7. お客様の声
  8. 雑誌掲載
  9. よくあるご質問
  10. 家づくりの流れ
  11. ブログ「住まいの原風景」
  12. 賃貸住宅経営/土地活用
  13. 仲介手数料ゼロ(無料) or 半額システム
  14. ご見学案内
  15. お問い合せ
  16. インフォメーション

Suruga Syle

スルガ建設

〒244-0002
横浜市戸塚区矢部町35番地
TEL:045-869-6880
FAX:045-861-7588

煉瓦の家のカラーバリエーション

煉瓦の家のカラーバリエーションは、レンガの素材の配合・温度と焼き具合・灰塵等の付着による色の違いを持つほか、太陽光の強さと向きにより変化に富んだ影を造り、雨や霧による湿度でも微妙に表面の色が変わります。

また時間の経過とともに表面にほこりや藻が付きますが、それらさえもレンガを引き立て、天候や時間により微妙に変化する豊かな表情は、天然の木目と同じように素材独特のもので、いつまでも飽きが来ないのです。

イギリスのある地域では、地域に無断でレンガの壁の改修はもちろん、清掃をすることさえ禁じているところもあるのも納得できます。

■コロニアルシリーズ(標準色シリーズ)

merinda.jpgnorfolk.jpgOBERON0.jpgTHEODORA.jpg

■ロックフェイスシリーズ

MERINDAH_rock.jpgNORFOLK_rock.jpgTHEODORA_rock.jpg

■タンブルシリーズ

Kolan.jpgPilbara.jpgSandstone.jpg

■デザイナーズシリーズ

designer_01.jpgdesigner_02.jpgdesigner_03.jpgdesigner_04.jpg

レンガの色の選択とともに、意外に大切なのが「目地の色」の選択です。同じレンガでも目地の色によって、かなり雰囲気が変わるので要注意です。そして窓枠もレンガの引立て役になるので、できるだけ太目のモールを使って、レンガが濃い場合は、白やクリーム、薄い色なら濃茶やグリーンで引き締めると、建物がぐっと引き立ちます。

お客様の声

見積り・プラン予約フォームへ